休職に伴う金欠の思い出

昔からお金には縁のない方でしたが、あの時ばかりは本当に参った、という思い出があります。

当時わたしは就職して2年目、仕事のプレッシャーのためか体を壊してしまい、しばらく療養するようにという医師の指導で休職することになってしまいました。

休職に踏み切るまでにほとんどなかった有給などとうに使い切っていて欠勤が出ていたため、休職初月は給料が出るどころか保険や年金の支払いのためにマイナスになるほど。

休職を保障する手当が出るのは翌月からでしたが、それでも家賃や車のローンがあるし、病院にも定期的に通わねばいけない…。

貯金もろくろくなかったわたしは困り果ててしまいました。

実家には心配をかけたくなかったので事情を伏せていたので、とりあえず祖父母に連絡して当座の支払いを立て替えてもらったり、少ない友人に食事に連れ出してもらったりしてなんとかしのぎましたが、本当に恐ろしい体験をしました。

あの時に助けてもらった人たちには今でも頭が上がりません。